PAGE TOP

「脱毛力」ケノンで女子力アップへの道

ケノンも脱毛サロンも永久脱毛ではないですよ

脱毛エステにおいて永久脱毛は出来るのかと言うと、永久脱毛できません。

永久脱毛は医療機関だけでしか受けられませんから、間違わないようご注意ください。

脱毛エステが永久脱毛をすると法令違反になります。永久脱毛を施したいのなら、脱毛エステへ相談するのだとなく、脱毛クリニックのドアを叩くことになります。値段がやや高くなりますが、通院回数は少なく済みます。

脱毛サロンで処理してもらう前の自己処理には、電気シェーバーをつかうことをお勧めします。電気シェーバーを使うと肌へ負担かかかりにくいので、炎症が起こってるので施術はできませんと断られるといった事態にはならないでしょうね。電気シェーバーとは違うしかたで無駄毛処理を行うとするなら、施術の前日ですとなく、余裕をもってもっと前にシェービングを済ませておきましょう。

脱毛サロンで脱毛することでわきがはましになるのかどうなのかですが、ワキのムダ毛はなくなりますので雑菌が繁殖しづらくなったり、清潔にしておくのがカンタンになりますので、それ程きついワキガでなければ症状が出なくなることもあるでしょう。とはいえワキガ自体を治したわけだとするとないので、症状が重い人にとってはよくなったと思えない場合もあります。

家庭用脱毛器ならケノン トリアどちらかにした方がいい理由

脱毛には家庭用脱毛器という選択肢もあります。脱毛器を買う時に、きをつけるのが値段でしょう。

あまりにも高額なのであるとすれば、エステやクリニックに行った方がお得になる可能性があるので、注意しない人はいないはずです。ケノンやトリアといった本格的な脱毛器の値段は5万円〜7万円くらいになります。安い商品だと1万円台で手に入れることもできます。ただ、1万円そこそこで光脱毛やレーザー脱毛といった毛根に作用させて根っこから脱毛できるような脱毛器は存在しません。パナソニックのソイエという商品は数千円で購入できることもあり良く売れてます。あれも分類としては脱毛器ではありますが脱毛の仕組みがケノン トリアとは全く違います。ソイエは毛抜で抜くのと同じ脱毛です。機械でバリバリ抜くんですね。毛抜で抜く面倒さを代わりにやってくれる便利さはありますが脱毛サロンのような仕上がりにはなりません。

かといって、安いものは安いなりに脱毛効果が良くないといった傾向があります。なので家庭用脱毛器といえばケノンかトリアというのが圧倒的な売れ筋となっています。

ケノンやトリアって何って方はこちら> ケノン トリア ケノンとトリアの違いを効果、値段、機能、口コミといった様々な視点でわかりやすく比較されてます。評判や実際の脱毛効果の画像などはyahoo!で調べれば結構出てくるので調べてみてくださいね。

埋没毛にならない脱毛方法を選ぼう

ムダ毛の自己処理を続けてるとよく起こす皮膚トラブルの埋没毛についても、脱毛サロンだとすっきりできます。

通常脱毛サロンだと光脱毛という手法をとりますが、この光脱毛でしたら埋没毛だって綺麗に消すことができます。

脱毛クリニックで受けられるレーザー脱毛でも埋没毛トラブルをすっきり出来るわけですねが、サロンの光脱毛と比べると肌の受ける刺激が大きく、料金をみても比較的高い値段にセッティングされていることが多いとのこと。